レーシック

レーシックと視力アップ

最近良くレーシックで視力アップと言う広告が見られ、それと同時にレーシック失敗による悲痛な叫びなども散見されるようになりました。

 

レーシック

 

レーシックはどうしても視力を回復したい人の一つの選択肢であることは確かですが、誰にでも薦められる魔法の治療法ではありません。レーシック手術を行う前に、実際レーシックはどのような仕組みで、何をされるのかという事をきちんと知る必要があります。

 

まず、目の仕組みについてですが、人間の目がピントを合わせる時、レンズの役割をしている水晶体が厚くなって近くのものに焦点を合わせ、遠くを見る時は逆に薄くなります。

 

そして、現代人は近くの物を凝視することが非常に多いため、水晶体が厚い状態で固定されてしまいあまり薄くならなくなってしまうのです。これが近視です。いつも厚くなっていて薄くならないのだから、水晶体を一部切って薄くしよう、というのがレーシック手術の基本です。

 

しかし、この水晶体は焦点を合わせるために極めて複雑な曲面をしているため、単に切って貼ってのレーシックは非常にリスクが高いことだけは確かなのです。繰り返しますが、どうしても視力を得たい人の最後の一手としては否定しませんが、メガネは嫌だしコンタクトも煩わしいから、程度の気持ちで簡単に行うものではありません。