毛様体筋のトレーニングで視力アップ

毛様体筋のトレーニングで視力アップ

最近、視力アップのトレーニング法としてよく耳にするものに「毛様体筋のトレーニング」というものがあります。毛様体筋、この名前は聞きなれませんが、トレーニング法はとても理にかなった、奇をてらうようなものではなくスタンダードなものなのです。

 

人間がピントをあわせる時、レンズの働きをする水晶体が厚さを変えてピントを合わせています。これは水晶体が自分で自力で厚さを変えているわけではなく、端を引っ張ったり押したりしてもらっているのです。この筋肉が「毛様体筋」です。もうお分かりかと思いますが、この筋肉をトレーニングする事で視力アップを図ろうという話なわけなんですね。

 

具体的な方法はシンプルで、片目と両目それぞれで遠くを見る・近くを見るというのを繰り返したり、とにかく遠くをじっと凝視したりするのです。簡単ですね。

 

ほとんどの人は近くの物を凝視しすぎて遠くの物を見るための水晶体が薄い状態を作り出せなくなっているため、その逆の状態を作ったり、あるいは交互に厚くしたり薄くしたりを繰り返して毛様体筋を鍛えるのです。

 

特に道具なども必要とせず、外が見えるならどこでも実行可能です。ちょっとした空き時間に試してみてはいかがでしょうか。